2010年06月28日

アクションスポーツパーク岡山存続の会の位置付けについて

今いろいろな方から存続の会についてご意見を頂いておりますが、私達が行っている活動の趣旨について説明しておきたいと思います。

アクションスポーツパーク岡山は、岡山市からエックススポーツジャパン株式会社へ運営を業務委託している公共のスポーツ施設です。

ここで誤解されている方がいるようですが、
私達の活動は、その施設の運営会社であるエックススポーツジャパン鰍支援していこうというものではありません。
アクションスポーツパーク岡山という岡山市のスポーツ公園の存続を願い、その必要性を行政に訴えていこうという団体です。

平成22年6月12日付の新聞で、岡山市は来年6月まで業務委託するエックススポーツジャパン鰍ニの契約を更新しないと表明したとの記事が掲載されました。その内容から「ASPO閉鎖の見通し」という一連の流れになってしまっています。
しかし、私達は岡山市が施設を運営する会社と再契約しないことと、公共施設であるASPOというスポーツ公園を閉鎖するということは全く別物であるはずだという考えから、岡山市に対し署名活動をはじめとした行動を取ることによって施設の必要性を訴えていく予定です。

ASPO施設とエックススポーツジャパン鰍ニ岡山市の関係性について、また今後のASPO施設の方向性について岡山市へ質問書を送っておりますので回答があり次第、皆様へもご報告したいと考えております。

こうした活動の基本的な趣旨をご理解頂いた上で、皆様のご協力を賜ることができればと考えておりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

posted by Save ASPO at 23:39| Comment(11) | ASPO存続 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
厳しいですね、署名は致しましたが、
ごく少数の利用者の為に未来ある子供達への為の財源をいかに利用してASPOの必要性を行政、市民に問うか??

大人達が子供に見せる本気とは?

現在の状況が子供にも市民にも行政にも伝わっているんでしょうか?
この行動、もっと大きくならんのですか??
Posted by BMX親子 at 2010年07月08日 21:38
署名活動ご苦労様です。
私もいくらかのご協力をさせていただければと思います。

ただ、いろいろな方に署名をお願いするにあたって、今後どうやって、どんな形で残したいのか を説明する必要があると思います。
(ただ単に「何でもいいからとりあえず名前書いて」で集めた署名では意味がないと思います)

エックス社は市の理解が得られたら契約更新して引き続き運営する意思はあるのでしょうか?
市が更新してもいいとなった場合でも、エックス社が「儲からないから撤退します」ではこまりますし、「そうなったらどこか探して運営してもらう」ではあまりに行き当たりばったりです。

また、署名活動するうえで、この施設をどういった形で今後存続させたいという考えのもと私たちは署名者に説明したらいいのでしょうか?

今の形態・規模のままで残したい?
それとも縮小してもいいので残したい?
その場合何を残す予定?

少なくともこういった現在掲げている希望・予定・決定事項を明らかにしなければ署名する側も「残したい気持ちは分ったけど一度このような事態に陥った施設を今後どう改善して存続させていくつもりでいるの?」ということになるはずです。

これがしっかりしていないといくら10万、20万署名を集めても議会や市民の納得は得られないと思います。

私の子供はASPOを利用させてもらいましたが、全体の利用者数から見てほとんどの市民にとっては縁の遠い施設であることは間違いないと思います。
その施設が市の土地・お金で作られたものである以上そう思います。

こうした点から、現在存続の会としては このあたりについてはどのような考えで署名活動をされているのかお示しいただければと思います。

Posted by at 2010年07月14日 12:34
>その施設が市の土地・お金で作られたものである以上そう思います。


その施設が市の土地・お金で作られたものである以上たくさんの署名とともに今後のビジョンにも理解いただく必要があると思います。

すみません。言葉足らずでしたので訂正いたします。

また、小難しいこと言う奴と思われるかもしれませんが、アスポ存続は賛成なのです。
Posted by at 2010年07月14日 12:58
運営体制や規模、施設の内容に関して、存続を求める側がそれを具体的に示すのはどうかと私は思います。

撤去されようとする施設の利用者が存続を求めようとする行為は半ば必然で、どこでもある話、そんなことは織り込み済みです。簡単に言えばASPOがカボチャ畑でも同じという事です。

存続を求める側が具体的な事をまとめようとすれば必ず内部で分裂が起き、けっか勢力は極端に弱まり、その志の多くは離れてしまいます。撤去側からすれば勿怪の幸いですね。

何を残し、どうしたいのか、では無く、何が起こっているかを訴えるべきです。その方が純粋で素直で、そこにこそ市民は共感するのではないでしょうか?

脆弱な組織に確固たる指針を求めることは危険だと私は思います。
Posted by ラブアスポ at 2010年07月27日 05:13
ラブアスポさんに賛成です。

ただ、アスポが民間運営である以上は、みそぎは必要かと思います。

そういったことを含め、岡山市の回答には確かに一理あると思います。
なので、現在の活動のトーンは、「岡山市長と岡山市は敵だ」と取られかねないので、もう少し岡山市側の意見に傾聴しても良いのではと思います。

しかしもっと根本は、
ASPOのスタッフの方々は何を今までしていたのか? または、今は何をしているのか? なぜ存続活動のリーダーではないのか?
だと思うのですが、、、

何も分からない部外者がと思われるかもしれませんが、アスポ存続は大賛成なのです。
Posted by アスポラブラブ at 2010年08月21日 01:31
あのネット署名は募集されていないのでしょうか?
とても便利ですし、署名もたくさん集まると思うのですが……。
Posted by 通りすがり at 2010年08月21日 17:57
ASPOのスタッフは基本的に自治体から委託運営を請け負っている(株)X-Sport Japanのスタッフであり社員です。その彼らが存続の会で活動すればいろいろ問題になると云う事が分かっているので、あえて表には出ない、出たくても出られないというのが正直なところだと思います。存続を訴えたいのは誰よりも山々でしょうが、彼らは表ではなく陰で支えてくれているといった構図だと思います。

それから、
選挙で選ばれし者は、正義の味方でなければならない。正義の味方は、弱きを助け強きを挫く者です。
Posted by ラブアスポ at 2010年08月31日 14:53
ラブアスポさんの考えを否定するつもりはないのですが、
支援者として意見があります。

選挙で選ばれし者を正義とするなら、現在の市長は悪だと感じてしまいます。
それから、選挙は最大公約数の民意の希望する施策を実施する手段であり、
だからこそ、署名活動が大事なのだと思います。

ASPOのスタッフの方々が活動するといろいろ問題になるということですが、
まさに、X-Sport Japanのスタッフであり社員なのですから、
そのいろいろを説明することは大事だと思いますし、
署名活動する際にも必要な説明だと思います。

一支援者としての意見として聴いていただければ幸いです。
Posted by 支援者その1 at 2010年09月04日 12:05
「ASPOの運営費に岡山市の税金は一切使われていない」
ことを信じて署名していただいた方も大勢います。

早めの資料提出は味方を増やす策だと思うのですが、公表できる資料は無いのでしょうか?

皆さんもお忙しいとは思いますが、3ヶ月も経ってますし、お節介とも思いますが、どこぞの政治家と同類にならないためにも、、、、、
Posted by at 2010年09月30日 23:59
あの署名がたくさん集まったと思うですが、そのあとはどうされているのですか?
自分の出来る事が何かを考える為のソースが少ないので、情報を得たいです。
ここの支援のコメントにも反応が無いので心配です。
(^^;)もうダメなのならすいません。
Posted by 通りすがり at 2010年10月31日 21:42
存続の会の皆さん、お疲れさまです。

存続の会は、利用する側の会なのだと私は思っています。利用者として大事な施設がこれからも在って欲しいと云う純粋な気持ちを、いろいろな手段で発信して、多くの市民に訴える事なのだと思います。活動する中では、横槍縦槍あっていろいろな問題が起きます。内部崩壊すら起こるかも知れません。そんな中では本筋が薄れてしまうことがあります。志だけではめげる事も多々あるでしょうが、あの時の純粋な思いを忘れずに、一つに活動し続けていって下さい。一人の力は弱くても思いを繋げれば大きな力になります!! 存続の会は、何の利害関係も無い、その純粋なスタンスを取れることがとても大事だと思います。
Posted by ラブアスポ at 2010年11月11日 19:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。